トップ  >  ご購入ガイド
飯能市で13年営業してきたオンリーワン補聴器が、リオネットセンター飯能店としてリニューアルオープンしました。

リオネットセンター飯能店のHPはこちら


「お客様ご満足いただくために」を第一に考え、応接させていただいております。
「聴こえに不安を感じたら」どんなことでもお気軽にご相談ください。


ご購入までの流れ


step1 ご相談について

聴こえへの不安について詳しくお聞かせください。
補聴器装用に関するご質問は勿論、すでに補聴器をご利用のお客様には補聴器の上手な使い方についてもご相談ください。
ご来店が難しいお客様には、出張サービスにてお客様のご自宅までご相談に伺うことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
※ご自宅での聴力測定は騒音化での測定となりますので、測定データに差異が生じます。技術者によるフィッティング及びアフターケアで調整は可能ですが、ご来店できるようであれば、当店での相談・測定をオススメしております。


step2 聴力測定について
気導・骨導聴力測定

※どのような音(低音、高音)がどれ位(大きく、小さく)聞こえるか測定します。


防音室

聴力測定には、ヘッドホンを耳にあてて測定した聴力(気導聴力(きどうちょうりょく))と、耳の後ろの骨から振動で測定した聴力(骨導聴力(こつどうちょうりょく))の二つがあります。
周波数別の「ピッピッ」「プップッ」「ボッボッ」などの音を聴いて、聴こえたら応答ボタンを押したり、手を上げたりし、それによって「どのくらい小さい音が聴こえるか」がわかります。


語音明瞭度測定

※言葉の理解力を測定します。この明瞭度があまりにも低いと補聴器を装用しても効果が得られない可能性があります。


オージオメーター

ヘッドホンを耳にあて、一定の音の大きさで、「あ」「い」などのことばを聴きながら、聴こえたとおりに回答用紙に書いていきます。
音の大きさごとの正解率【%】で結果を示します。


各種聴力測定の結果は個人個人で異なり、「高い音が聴こえにくい」、「低い音が聴こえにくい」、「右耳のほうが聴こえにくい」、「大きな音ならことばの聴き取りができる」、「大きな音でもことばが聴き取りにくい」など聴こえの状態や、難聴の種類がわかります。(難聴の診断は医師が行います。)

これらの結果は、補聴器の機種の選択や調整に必要な情報になります。


step3 補聴器の選定と視聴について

聴力データをもとに補聴器のフィッティングを行います。
実際に視聴用の補聴器を装用して、効果が得られるか体験していただけます。
いくつかの補聴器を比較しながら試聴していただき、最もお客様に合った補聴器をお選び致します。


補聴器効果測定

補聴器効果測定機で、補聴器を装用して実際に得られる効果を測定します。
測定をすることで、補聴器装用時と裸耳の場合の比較結果が得られ、購入するか否かの判断材料としていただけます。


step4 ご購入とアフターケア
ご満足いただけたらご購入ください。

実際に補聴器にご満足いただけましたら、ご購入ください。
当店では補聴器はご自身で「使いたい」「もっと聴きたい」という気持ちがなければ、意味のない高価な代物になってしまうと考えておりますので、押し付けるような販売は致しません。


ご購入後のアフターケア

アフターケアを最重要視しております。
本当の意味での「当店」と「お客様」とのお付き合いは、ご購入後からです。
デリケートな調整やクリーニング、使用に関するアドバイスなどのきめ細かなサービスでお客様をサポート致します。
お客様の「聴こえのパートナー」に是非オンリーワン補聴器をご指名ください。