トップ  >  補聴器の種類
飯能市で13年営業してきたオンリーワン補聴器が、リオネットセンター飯能店としてリニューアルオープンしました。

リオネットセンター飯能店のHPはこちら


○ 耳あな形補聴器


基本的にはオーダーメイドとなり、使用者の耳の形に合わせて作る補聴器です。このタイプの補聴器の主なメリットは、目立たない、自分に合わせて作ることから装用時の違和感が少ない等です。デメリットとしては価格が高いことです。
オーダーメイド補聴器


スーパーミニカナール(CIC)

スーパーミニカナール(CIC)
目立たない超小型タイプ。
鼓膜に近い場所に収まるため、より自然で快適な聴こえが得られます。
カラーシェル(右-赤、左-青)を全機種に対応。
(ご購入の際にお申し込みください。)


カナールエイド

カナールエイド
使いやすい小型タイプ。
豊富な種類と多彩な機能が魅力。
はじめての方も安心してお使いいただけます。


マイエイド

マイエイド
高度・重度難聴の耳かけ形をお使いの方におすすめの、高出力タイプ。
パワーのある音量でゆとりの聴こえ。
「誘導コイル付き」「外部出力端子付き」タイプなどがあります。


既成耳あな形補聴器


既成耳あな形補聴器

既成耳あな形補聴器
既製品で耳のあなに入れるタイプの補聴器です。
お買い上げのその日からご利用できます。
お手ごろな価格で目立ちにくいデザインです。


○ 耳かけ形補聴器


メガネのツルのように耳の後ろにかけるタイプの補聴器です。このタイプの補聴器の主なメリットは、耳あな形に比べ価格が安いこと、重度の難聴者にも向いている等です。デメリットとしては、耳の後ろは汗の通り道なので、汗をよくかく方は汗による故障が起きやすい、耳栓を使いますので自分の声がこもりやすい等です。


耳かけ形補聴器

耳かけ形補聴器
耳の後ろにかけるタイプ。
小さく、軽く、性能も多彩。
防水タイプもあります。


○ ポケット形補聴器


箱の形をした補聴器で、小さなウォークマンを連想して頂ければいいと思います。メリットとしては、高齢者の方でも扱いが簡単なのと価格が安いことです。デメリットとしては、本体を胸ポケットに入れて使うので、本体のマイクが衣ズレの音を拾ってしまいうるさいことです。


ポケット形補聴器

ポケット形補聴器
ボリュームやスイッチなどが大きく、操作が簡単。